住宅ローン控除の条件に関して

住宅ローン控除の条件に関しては、まずはローンを組んでそこで生活している事が第一の条件となります。
もし生活をせずに住宅ローンを借りていれば。
ローンも住宅ではなくアパートローンなどで金利の違うローンとなります。
他にも敷地面積が50平米以上の物件でなければ住宅ローン控除の対象でない事や、築年数が25年を経過している物件に対しての控除の対象から外れる事となります。
細かい条件は物件を購入する時に考えて取り引きを行う事となり、そこで上手く住宅ローンを組んで控除を受ける条件の物件を購入すれば、10年間の所得税や住民税の還付を受ける事が出来ます。
年末の借入残高の1%となると、かなり大きな還付となり1000万円で10万円が戻って来る計算となります。
この様に有利な状況でローンを組むと、住宅の購入に置いて負担も軽減出来る状況となります。
色々と分譲マンションや一戸建てを買う事で、有利な条件で取引を行う為に、住宅ローン控除を受ける状況をしっかりと不動産業者と確認して置く必要があります。
そこを考えて、まずはローンを組む事から考えると利息などの負担が大きくならない様に銀行の金利などをリサーチして取引を行う事も重要となります。

マンション売却を考えている場合に覚えておくべき注意点とは?

マンション売却を考えている場合、注意点を事前にしっかりと売主側が理解しているならば取引をスムーズに行うことができますが、どのような注意点を覚えておくことが必要でしょうか?
まずはマンション売却の際に関係してくる法律的な問題を理解しておくことが必要です。
戸建の売買とは違い、マンションの場合は区分所有法という法律が関係してきます。
さらに考慮すべき注意点としては敷地所有権や共用部分や専有部分について、またマンションにそれぞれ備えられている規約についての確認も必要です。
もし自分自身がマンションに住んでいて自分は別の物件に引越して、今のマンションを売却するというケースであれば現状についての説明は行い易いですが、もし相続などで譲り受けマンション売却を考えているならばしっかりと調べる事が不可欠です。
今あげた点に加えて登記上の権利がどうなっているのか?抵当権などの設定の有無などを確認や、さらに用途地域はどれに該当するか?また不動産売買にまつわる税金はどのような仕組みになっているのかといった多くの不動産に関係する専門的知識が必要となるため素人判断では失敗してしまう危険性が含まれています。
不動産屋などの宅建業者にはこうした不動産にまつわる取引の専門家である宅地建物取引士が設置されているので、マンション売却を考えているならば一度相談してみる事をお勧め致します。

住宅ローンの減額をしたらやるべきこと

住宅ローンは25年とか30年というように長い期間返済していくので、基本的には返済額などを減額したり、繰り上げ返済をしたりしないでそのまま計画的に返済していくのがベストです。
途中で、よほどのことがない限り、家族のこととか自分の仕事、親の介護など予期しないことが起きやすいのでその時にサッと対応できるためのお金を確保する必要があるからです。
住宅ローンのためのお金を確保することと平行して生活のためのお金をしっかりと持っていることが大切です。
そのため、定年退職でまとまった退職金が入っても普段の生活費を優先させて、残った住宅ローンは計画的に支払いをしていきます。
住宅ローンの減額をしたい場合は、ほかに借り換えをする方法があります。
最初の登記費用だけはかかってしまいますが、金利が安いところに借り換えてからは、今までの返済額を減額できるので支払いが楽になります。
不安があれば、経験者に聞いてどういう段階を経て返済していくかを詳しく教えてもらえると良いです。
ほかには、家計の見直しをして減額をしなくても済むように外食などの食費の節約をするとか、自家用車の売却をして負担を減らすとかなどをすれば解決できる可能性があります。

住宅ローンの借入可能額を上げるには

住宅ローンを組むときに借入可能額を上げるための方法について、配偶者との収入合算が挙げられます。
例えば、本人の収入の二分の一の額まで、配偶者の収入を合算するなどの方法があります。
どの程度まで合算できるかについては、住宅ローンを申し込む金融機関によって異なります。
パート収入でも、安定した収入ならば合算できる可能性があるので、予め金融機関に確認すると良いです。
住宅ローンの収入合算をする方法としては、連帯債務、連帯保証が挙げられます。
連帯債務では、夫婦二人が金融機関と債務契約を結びます。
二人とも債務者となるため、夫婦のどちらか一方の返済が滞っているか否かは問題にはならないです。
夫婦二人とも同時に、金融機関に対する返済義務を負います。
連帯保証では、夫婦のどちらか一方が金融機関と債務契約を結びます。
そして、もう一方の配偶者は金融機関と保証契約を結びます。
夫婦のどちらか一方が債務者となり、もう一方の配偶者は、債務者の返済を保証します
債務者は金融機関に対して当然に返済義務を負いますが、保証人は債務者の返済が滞った場合に返済義務を負います。債務者の返済が滞った場合、債務者に支払い能力があるか否かは関係なく、保証人は金融機関に返済する義務を負うことになります。

住宅ローンで利用される連帯債務者

住宅ローンを組む際に、特別な事由がなければ、連帯保証人などを用意する必要がないのが一般的です。
ただし、旦那の収入だけでは希望の融資額に届かず、仕方なく妻の収入を合算して申込みを行えば、連帯債務者として登録されるようになります。
連帯債務者とは連帯保証人とは異なり、債務を連帯して負うという意味で、主となる債務者と同等の責任が課せられるようになります。
連帯保証人であれば、債務者が失踪する、支払い能力を失うといった理由がない限りは責任を追求されることはありませんが、連帯債務者は同じ責任を負うことになるため、例えば住宅ローンで3,000万円のローンを組んだ場合、旦那に3,000万円の責任がかかり、同様に妻にも3,000万円の責任がかかるということになります。
当然ながら2倍の支払いを要求されるわけではないので心配は要りませんし、3,000万円の返済が済めば債務は無くなります。
住宅ローンの支払いが滞り、銀行から督促の電話がかかってくると、旦那の方に連絡して下さいというような言い訳がきかなくなるのが連帯債務者の義務です。
銀行側からすれば債務者が2人となるので、返済さえしてもらえればどちらでも良く、連絡がつきやすい方に電話をしてくるようになるので注意しましょう。

住宅ローンはどこで借りるべきか

住宅ローンという金融サービスを提供しているところは、いくつもあります。
ですから、色々と選択肢があるのは確かです。
しかし、それでも相手が認めてくれることが最低条件でもあります。
その為、一つだけ、と言うのは避けたほうが良いです。
つまりは、色々なところに申し込みをするのが基本的にお勧め出来るわけです。
住宅ローンとはどこでも良いといえます。
別に馴染みの金融機関があるからといって、そこに依頼することが限定されるわけではないです。
どこでもよい、といってもやはり重要であるのが金利になります。
全国区のメガバンクならばどこでもありますし、或いは地元密着の金融機関である信用金庫などもあります。
或いは協同組合なども住宅ローンを提供している時もありますから、選択肢は非常に多いです。
見られる所は基本的にどこでも同じになります。
それは職業や収入であり、そして、現在の借金や担保となる資産があるのかどうかなどです。
これらを審査の対象とされるのは基本的にはどこも同じになります。
これが大原則であり、金融機関の審査はこうした点が見られるのが当たり前になっています。
それに関しては間違いないですから、覚悟しておくべき点であるといえます。

借金なので早く返済する方法の検討が大切な住宅ローン

住宅ローンは、キャッシングやカードローンの、フリーローンのように自由な使い方はできません。
しかし、借り入れする金額が大きくなるため、低い金利が設定されています。
ですから、地道に返済していけば完済は可能です。
しかし、金利は低いといっても借金に変わりはありません。
金融機関から借金をしている以上、利息を付けて返済することになるので、損をしている状況と言えます。
ですから、住宅ローンは大きな借金と意識し、早く返済する方法を検討することが大切です。
早く返済するために可能なことの一つ目は、借り換えを検討することです。
他の金融機関の方が金利の低い住宅ローンを提供している可能性はあります。
金利が低くなれば返済する金額も少なくなるので、それだけ早く返済できるようになります。
ただし、借り換えをする場合は給与振込や光熱費の引き落としなどに利用している口座の変更を求められる時があります。
早く返済するために可能なことの二つ目は、一部の繰り上げ返済を何回か実施し、元金を減らす方法です。
住宅ローンは一部や全額の繰り上げ返済が可能です。
全額は厳しいですが、まとまったお金ができた時に繰り上げ返済に充てることで元金が少なくなり、早めに返済を終えられます。

住宅ローン利用時に病気になっても大丈夫な理由

住宅ローン利用時に病気になっても、銀行は困ることがありません。
なぜなら、万が一にも契約者が病気になってもダメージがないように、あらかじめ保険に加入させておくものだからです。
住宅ローンの契約時には、多くの場合で「団体信用生命保険」への加入を義務付けられます。
これに加入をしないなら、住宅ローンを使えないというルールになっているケースがほとんどなのです。
病気で仕事ができなくなった場合だけではなく、契約者が死亡をしてしまった場合などにも備えておかなければなりません。
もちろんそうした対策は多くの銀行がすでに取っているので、契約者にしてもそれほど心配をする必要はないわけです。
病気は本人がいくら気をつけてもどうしようもないことなので、契約者が責められることもありません。
また、住宅を競売にかけて残りのローンを返済してもらってもいいわけですから、二重の意味で銀行は困らないことになります。
団体信用生命保険に加入をしておけば、契約者が住宅を手放さなくてもよくなるのです。
保険はむしろ契約者にとってメリットが大きいと言えるものなのかもしれません。
銀行側はよほどのことがない限りは損をしないようになっています。
リスク管理はできているので心配はありません。

マンション売却時の譲渡損失は損益通算できる

マンション売却を行った後、その売却によって獲られた譲渡所得にはその金額に応じて譲渡所得税と住民税が課税されることになります。
そのため、マンション売却や不動産売却によって得られた譲渡所得に関しては、給与などの収入とは別に確定申告の手続きをする必要があります。
また、不動産価値の下落などの理由からマンション売却によって譲渡損失が出た場合、その譲渡損失については給与などの他の所得から損失分をマイナスできる損益通算をすることができます。
なお、マンション売却による譲渡損失の金額があまりにも大きかった場合、他の収入から損益通算をしても赤字になってしまうことがあります。
しかし、マンション売却による譲渡損失の損益通算は単年度だけではなく、損失通算を行っても赤字が出る場合には翌年以降3年間は繰り越して損失通算をすることが認められています。
この制度のことを「譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」といいます。
ただし、損失通算の繰越については所定の条件を見対している必要があります。
売却をする不動産を保有してから5年を超えている必要があるのです。
保有期間がそれ以下の不動産に関しては「損益通算及び繰越控除」の特例を受けることができないので注意が必要です。

住宅ローンを借りるためには担保物件が必要

住宅ローンなど高額融資を受け付ける金融機関は申込者の返済能力を厳しく審査しますが、将来に起こる環境の変化は予測不可能で債務者が返済ができなくなった場合でも融資金額の損失を免れるため、住宅ローンを受け付けると同時に融資した住宅や土地を不動産担保としてまた人的担保として保証人を債務者に要求します。

担保がついた物件は債権者である金融機関が抵当権を有しますが、返済が滞った場合に担保物件を売却して返済金額に充てるといった権利施行する以外はほとんど問題がなく、債務者は住宅ローンが終わるまで自由に利用することができます。
債務者は返済が完全に終わると融資を受けた金融機関から抵当権を外すことができます。

住宅ローンを借りる場合金融機関からたいてい保証人を求められますが、金額も大きくなるため保証人を探すのが困難になる場合が多いようです。
その場合は手数料を払って保証会社に保証をお願いする制度を利用することもできます。
返済が困難になると金融機関はローンの残額を保証会社に請求し、保証会社は債務者に代わって残金を支払ってくれます。

しかし債務者は借金がなくなったわけではなく、今度は代わりに支払ってくれた保証会社に返済義務が生じます。